プレンティで働く姿

先輩が語る プレンティで働くこと

どんな人が、どんな場所で、どんな想いをもって仕事をしているのか。
先輩たちが仕事について、職場について、やりがいについて紹介します。
若手社員を中心に自分たちの言葉で語ってもらいました。

私たちの仕事

斉藤 和也
モノづくりの経験が印象的
斉藤 和也 / 営業部 営業課

入社後は、まず研修から始まりますが中でも印象的だったのが購買部での研修です。ものづくりの加工技術・材料の基礎を学び、実際に工場まで足を運び、加工工程や各製造の流れを知り、製品が出荷されるまでを自分の目で経験することができました。現在は営業としてお客様との会話の中で研修時に得た知識・経験がとても役に立っています。販促ツールの企画をし、お客様と打合せ・試作・検証を繰り返しながら身につけた知識を役立て、問題点・改善点を見つけさらに良くなるように提案しています。

携わった製品が店頭に並んでいるのを見つけて嬉しくもなりますが、その反面「もっとこうすればよかった」や「なぜ気付けなかったんだろう」と反省することもあり、毎日が勉強です。新しい発見や失敗も経験しながら、お客様の商品が長く愛されるように販促の立場からサポートし、お客様に貢献したいと思っています。

小野原 雅美
皆で作り上げていく一体感
小野原 雅美 / 購買部 設計課

弊社は1フロアで社員全員が働いているので仕事で関わることの少ないスタッフとも顔を合わせ、話しやすい環境です。誰かが困っていたら皆で考え、答えを出していく一体感があり、助け合いながら仕事を進めています。また、先輩上司に相談するととても親身になって教えてくれるので、若いスタッフでも積極的に物事に挑戦できます。

自分が携わった物を店頭で見ると、安心すると共にとても嬉しくなります。特にその物に展示されている商品を店頭でお客様が手に取った時は、ちゃんと販促物としての役割を果たしている実感が湧き、仕事へのモチベーションが上がります。弊社の物は全国色々な店舗に置かれているので、休日に買い物している際に思わず携わった物を見つけることも多く、日々のやりがいへと繋がります。

永池 友輔
仕事の広がりは自分次第
永池 友輔 / 営業部 プロモーションデザイン課

プロモーションデザイン課は従来の製作だけではない「販促企画自体の考え方」や「表現」などをブラッシュアップし提案する社内でも新しい部署です。具体的には営業がもってきたお客様からの要望に対して現在どんな課題があるか、それを解決するためには誰に何をどう感じてもらうか、そのためにはどんな世界観を表現するべきかなどを考え企画に落とし込みます。そうした企画や考え方についてデザイナーと打合せをしたり、お客様へプレゼンをすることも多いです。この仕事は都度取り扱う内容や業務が予め細かく決まっているわけではないので、自ら何ができるかを考える必要があります。

私自身、右も左もわからないところからスタートでしたが、日々販促や広告に触れるにつれ考え方や知識が増え、企画の幅が広がる楽しさを感じます。プランニング、デザイン、コピーなどなど自分次第でどんどん新しいことに取り組め、できることが増えていく魅力があります。

刀禰 千閣
誰もがやりたいことを形にできる場所に
刀禰 千閣 / 営業部 営業課 課長

営業として心がけているのは、得意先から会社名ではなく、自分の名前で依頼をいただけるようになることです。営業とはお客様にとって会社を代表している存在ではありますが、最終的には「人」で仕事をしている部分も多いため、まず人としてお客様の信頼や信用を勝ち取れるように個人としての価値をあげることを意識しています。

私自身、中国での文化や環境が違う中での生活、海外の現地工場管理といった経験を通じて、今まで以上の知識や考え方が身につき、お客様の求めるコスト、海外調達といった問題にも対応していけるようになりました。経験を活かし相手のニーズへの対応力で価値を発揮し、自分を高めていきたいと考えています。

社内では若手でも常にチャレンジ精神を持ち、初めて経験すること、やりたいことに対して積極的に取り組めるように環境を整えることに注力しています。上司に意見しやすい環境を自らつくり、誰もがやりたいことを形に、思いを形にできる場所を目指しています。

私たちの職場

社内では、お客様のニーズを踏まえた上でスタッフ間での打合せも頻繁に行われます。どういったカタチであればお客様の要望に寄り添えるか、それぞれのスタッフがしっかりとした意識を持ち、デザイン・設計を行っています。

  • 社内風景
  • 社内風景
  • 社内風景
  • 社内風景
  • 社内風景
  • 社内風景